« Prev.   |   Next »

海の底で歌う歌!!


マミー

4月 18日  (日)




覚えている人も いるかも知れないけど


♪♪私達が会ったのは 青い海の底♪♪

♪♪私の長い髪を 愛してくれた人♪♪

たしか、モコ ビーバー オリーブ っていう三人の女の人達が 歌っていた。

マミーは 多分 小学校の高学年だったと思うけど、、、

母が 亡くなり 叔母達と一緒に住んでいるとき

叩かれたり 殴られたり 姉が殴られて それを怖さで止められなかったとき、、、

口ずさんでいた歌だ!!

遠足で 潮干狩りに行くのに 学校分けの為なのか

「黄色のハチマキを持って行かないとやらせません!」

って言われていたのは 分かっていたけど 買ってもらえなく、、、

そのまま 自分で作った おにぎり持って 遠足にいった。

現地で 「みんな 黄色のハチマキしてねぇ~!」 って先生が言って 

マミーが しなかったのを見て 

みんなの前で 「彼女は ハチマキ忘れたので やらせません!」って しこたま怒られた。

恥ずかしくて 悲しくて 情けなくて 

「お母さんが 生きていたら こんな思いしなかったのに!」 って、、、

潮干狩りを したのか?

それ以降の記憶が全然無く、、、

残っているのは どうにも情けない顔をして 首にタオルを巻いて 端っこで写っている 集合写真!

覚えているのは ドロドロの海の砂に足を入れながら

この歌を ぶつぶつ歌っていた。


それ以来 潮干狩りに行こう!って 誘われても トラウマのように 絶対に行かない。

むつごろうが 住んでいる干潟みたいな 海見るのもイヤ。。。


今日、 ダダと買い物に行って パチンコ屋さんの 壁に大きく描かれていた 

海の絵を見たとき 鼻歌で この歌を口ずさんだ。。。

わりと サラサラっと ふんふん歌っちゃって、、、

家に帰ってきて 一人になって 、、、思い出した!!

今は 別に 悲しくも しんどくもないけど、、、


こんなこと、、、あったなぁ~!! って、、、


教室に 忘れ物のグラフが 作ってあって、、、マミーは 5年生のとき 忘れ物女王だった。

先生に 出席簿で 叩かれ 「お母さんが いないからって甘えないで!」って、、、

いま、 大人になり 母になったけど、、、

あれは どう考えても 励ましでは なかったな。。。

先生の 息子が 私達と同じ歳で いつも

「うちのジュンちゃんは あんた達と違って 頭もいいし いい子なのよ!!」ってクラスで言っていた。

いまだに あの先生の クラス会は誰もやらないから 少なくとも みんな好きじゃなかったんだろう!


給食で残すと 食べ終わるまで 5時間目も 6時間目も机の上に 給食をおかされていた。

マミーは ずるいから 牛乳が飲めなかったけど 窓から捨てていた。

だから なにがあろうとも 絶対に 窓際を死守したよ!

牛さん ごめんなさい。。。

あの アルミの入れ物に入った ぬるい脱脂粉乳と 遠足で行った マザー牧場の 絞りたての 青臭いヤギの乳 飲まされてから 今だに 牛乳が飲めない。

高級アイスクリーム ハーゲンダッツのバニラとか 食べられない。

50円くらいの バニラなら食べられるけどね。。。


あれれ? なんか今日は 愚痴? 悪口? 

こりゃ! 今夜は あのA先生の 夢、、、絶対見ちゃいそう。。。













ブログランキング
応援よろしくお願いします。


バナーをクリックして、マミーに元気を分けてあげてください!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   人気ブログランキングへ
« Prev.   |   Next »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 海の底で歌う歌!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mummys-life.com/mt/mt-tb.cgi/689

コメント(6)

COLAちゃん

ろくでもない人間なんかじゃないよ!!

どうしようもない人は 自分では気が付いていないよ。

誰にも言えない事、って、、、あるよね。

でも、言いいな!

ここに来て。。。

ここだったら言えるよね。

心の傷って、、口に出す事で 少しずつ かさぶたが出来てくるんだよ!

いつでも 待ってるよ。

***************

モコ☆ちゃん

はじめまして、マミーです。

アルミのお弁当箱、、懐かしい。

泣きながら お弁当食べるなんて、、本当に少食だったんだね。

かわいそうに、、、

きっと アルミのお弁当箱見ると 少食だった頃の ご飯を食べるのイヤ
だった頃、、、思い出すんだね。

大房岬。。。行ったのかなぁ~

ステキだよね。

あそこは 四季が変わるたびに 行ってみたいな!

あんな 雄大な景色、、なかなか見られない。

あ~ また 行きたくなっちゃった。

ありがとうね。 また コメント待ってるね。。


***************


leoちゃん

こんなに みんな給食が好きじゃなかったんだね。

マミーも 揚げパンは好きだったけど 鯨の南蛮漬け 
小麦粉っぽい 香りしかしないカレースープ、脂身だけの酢豚、、嫌いだったな!!
贅沢言っちゃってるけど まずかったよね。

棒のアイス 大好き!
ホームランアイス だったかな? 半分チョコで半分バニラ、、美味しかったなぁ~

***************

aquaちゃん

優等生じゃなく 忘れ物番長だった aquaちゃんが先生になってくれて、、

嬉しくて 涙が出たよ!!

そんな先生だったら、、、ギューってしてくれたら、、、

その先生が担任だった 2年間の記憶もちゃんと あったんだろうな!

ありがとうね! 先生になってくれて、、、マミー


***************

桂さん

あ~~~! なんて可愛そう。。。

3倍も大きな カップに変えられちゃったなんて、、、

なんか、 桂さんの 小さい頃の その困った顔が 浮かんできちゃう。


私は給食のパンが苦手だった。
堅くてモサモサしてて、よく机の奥深くに隠してて
見つけられては怒られてた。

私も親戚に育てられたんだけど
マミーと違うのは母親が出奔したこと。
物心ついたらもう親戚んちに居候していた。
ただいい人達だったんで殴られたり
意地悪は無かったけどでも昔のことだしね
よく言われたのが「いつかおまえも母親のように
ロクな人間にはならない」って
伯母さんによく言われたのはいまだに引き摺ってる。

父親もいなかったし養育費なんて誰も払ってくれなかったから
伯母さんが愚痴るのは分かるんだけど。
しかも血統というかホントにロクでもない人間になったしね、自分。

マミーはまだお姉さんと一緒でそれは羨ましい。

ごめんね、長々とこんな話。
主人にも誰にも今まで言えなかったんだけど
いつも心の底にあるの。

はじめまして☆
大房岬を検索していてたどりつきました^^
最低の先生ですね。
普通、忘れても先生が予備を持ってきていてハチマキ貸してくれると思います。きっとその先生はお弁当を生徒が忘れても自分だけ食べて、忘れたのがいけないと言うんでしょうね~。
そういう人間は先生になって欲しくないですね。
だいいち、新たに買わせるのではなく学校の帽子でいいじゃない。体育の帽子でも、赤白のハチマキでもあるものでいいじゃない。昔は貧乏な家庭も多かった。差別としか言いようがないわ。

私の辛い思い出は・・・幼稚園の時、冬はストーブでアルミのお弁当箱を暖めていました。
いつもお弁当を食べきることが出来ず、食べ終わるまでず~っと泣きながら食べてました。
母がちっちゃいお弁当箱にすかすかに入れてくれても食べられませんでした。
本当に小食だったので食べられなかったんです。今は食べるなって言われても食べてますが^^;
なので、アルミのお弁当箱を温めた匂いがキライです。やっぱりトラウマになってます。

今日は先生の夢じゃなく、楽しい夢を見られますように~♪

時の流れの力は大きいです。
思い出すのも怖くて心の中でブロックしていた
ようなことが幾つかありますが、いつのまにか
記憶のひとこまになって辛くなくなりました。
私は子供の頃から好き嫌いが多くて、給食が
大の苦手でした。牛乳はなんとか飲めたんですけど
おかずがダメで。でも運良く(?)担任の先生が
甘くて残しても怒られませんでした。せっかく
給食のおばさんが作ってくれたのに、口もつけずに
残すなんて、今考えると悪いことをしました。
アイスクリーム、私も安いアイスの方が好きです。
安い方が乳脂肪分が少なくてさっぱりしてます。
棒のアイスとか美味しいな~。

忘れ物グラフ一番・・て、私も実はそうでした。
私の場合は今もですが^^;

なんて先生なんだ!
クラスで自分の子を褒めるなんてお馬鹿か!
小学校時代のマミー。辛い思いを経験してきたんだね。
いつも明るいマミーから想像できなかったから、なんだか何度も読み返してしまった・・。

今そんな先生がいたら、一発で学級崩壊になって先生がやられてしまうよ。

もし、私が昔のマミーの担任だったら・・。
みんなにかくれて、マミーをぎゅ~とハグしてあげる!!
私が黄色いハチマキ用意してマミーを含め、忘れた子や持ってこられなかった子に貸してあげる!!

実は6年生の時担任にいじめらて不登校したんだよ。
今、教師してて思うのは、優等生じゃなくて、忘れ物番町でよかったのは、同じ子の気持ちがよくわかるんだ。

マミー、今日の夢にもしかしたら、見たことのない新採用の先生が現れてマミーを助けるかもよ!

脱脂粉乳で思い出したお話。
どう考えてもあれは飲めませんでした。
保育園に通っていたころ用務員のおじさんが大きな鍋で粉乳沸かして
飲ませられたんだけど、コップはそのころ各自持参。
私はリュックについていた小さなコップ(そのころアルミのカップがついていたんだよね)を持って行ってたんだけどそれでも飲めなかった。
そのカップが小さくてモット沢山飲まなければいけないって先生に
母が云われた。
(その頃は、いや独身の頃は今考えられないほど痩せていたんだよ)

母は今までのカップの3倍くらいの大きさのカップを用意して私に持たせたんだよ。(注意されたのが悔しかったのかな?)
飲めるわけないよね。
あんなまずいもの。
その頃の想い出は何も残ってない、ただその脱脂粉乳を無理やり飲まされたことだけ。
マミーと同じく牛乳嫌い。

先生になる資格のない人が先生になって、その人に教わる子供って惨め。
(人間的にも尊敬できないよね。その先生)

コメントする

カレンダー

2017年4月 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いつも応援ありがとうございます。みなさまからの暖かいご支援から、マミーは生きる力をいただいています。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
人気ブログランキングへ
子宮筋腫など女性が気になる病気だけでなく、女性がかかりやすい病気やがん全般も重点保障!

月別アーカイブ