マミーを支えるみんなの日記でタグ「手術」が付けられているもの

マイの日記を見て「フィリピン人!」

|
5000ccも輸血したら、ほとんど他人の血だね、だから他人になっちゃったね。  誰の血かなぁ?と、マミーに聞くと、フィリピン人 の血、だってヾ(´▽`;)ゝ 

まだ通院してた時にすれ違った本物のフィリピン人に、

アナタ、フィリピン人!?」 
て、言ってきたから

ΝΟ、ニッボンジン
て、言ってやったら...

ホント?
だってぇ...  (`へ´) 

てなことが、ありました。
が、間違えられても思議ではないヽ (´ー`)┌

関連記事
昼に、行ったら、トマトジュース飲んでいいって。もう、3本冷蔵庫に、入っていた。 
メニューに、ビックリ(◎-◎;)  お粥を、とっ越してうどんが出されていた。いいのかな。時間かけて、良く噛んで食べてたけど...   
本人、少し肉ついたかなって言ってたけど、まだまだ、これから、力に成るもの、食べないと。なぁ。 

何やら、骨の検査を午前中にしたらしい?結果は、夕方には、出るとのこと。 
声も、手術時の酸素の管で、のどに傷がついたらしく、見てもらうと... 
手術中に麻酔覚めて、いろいろと...あったのでは? 

一人の患者に、数人の先生様?
それぞれの、コメント? 
もっとコミュニケーション取ったほうがいいんじゃないかい。チームになろうぜ。
q( ̄3 ̄)p

がんばれ!

|
2008年8月12日

今日は、叔母がガンと診断を受けてからはじめての手術の日。

なんだか落ち着かない一日。仕事をしていても全く手につかない。。。
不安な気持ちを払いたくて、病院にいる叔父に電話をかけてみたりもしたけど
嫌な予感が頭から離れず、変な想像ばかりしてしまって、やっぱり落ち着かない...仕事を早々に切り上げ、病院に急いだ。

病院には、叔父、いとこのマイと誠吾(マイの婚約者)、おばの姉のマミちゃんが待合室で待機していた。
こういう時ってどんよりした雰囲気を想像してしまうけど、この人たちに限ってはそういう空気は全く無縁。
開口一番「アイス買ってきて」とか「暇だぁ〜」とか...
まぁ10時間近く病院にいればそうなるわな。

そういう空気を期待して病院に行ったわけで、よけいなことを考えずに済むからここにいた方が気が楽だった。

後で詳しく紹介するが、このファミリーは普通の家族とはちょっと違う。
フランクというか、ぶっ飛んでるというか、若いというか、ハワイが好きでみんなおしゃれだ。
ちなみに叔父はガングロ、金髪、ミニクーパーを乗り回すちょいワルおやじ。
くやしいがカッコイイ。